糖尿病性癇課題

糖尿病性神経困難
高血糖が連なると、末梢神経が困難を通してしまい、腹心のしびれをもらい取りかかります。3大合併症の中でも特別発症しやすいのが神経困難になります。

 

糖尿病性神経困難の変調は、腹心のしびれや足が攣るなどの変調の他にも、足の裏手が張った状態になります。

 

変調が悪化すると、腹心が麻痺して痛みを感じなくなる。こういう変調を『認識神経困難』と言います。

 

糖尿病が進行した状態で、最悪のケースでは足を切断をしなければなりません。

 

『自律神経困難』は、便秘・下痢・胃もたれ・発汗ダメージ・頻尿困難・立暗みなどの変調があらわれます。

 

血糖がコントロールできなくなり乱れてしまうって急きょ死の可能性もあります。

 

 

糖尿病神経困難のケア
糖尿病神経困難の検査は、血糖集計の管理が重要で基本的には薬で検査をします。ビタミンB12・抗けいれん剤・抗うつ剤・血管伸展薬・血行熟練薬などが使用されます。

 

アルドース返戻酵素の動きを抑制する治療方法があります。アルドース返戻酵素阻害薬を用い、しびれや痛みを食い止める薬によるケースもあります。

 

その他の合併症
動脈硬直・心筋梗塞・脳梗塞

 

糖尿病になると高血圧になる可能性が多いと言われています。血管が狭くなって詰ったりすることで、ほかの異変を併発しやすくなります。寝起きの目眩や母乳の痛みがある場合は、注意が必要です。

 

現代病
ルーティンの狂いにて臓器ポッチャリ・腹ポッチャリ・高血糖・高血圧・脂質ダメージ症のうち2つ上記を化合した状態のことを言います。

 

糖尿病病人に手広く、動脈硬直の危険性もあります。煙草・味付けのしつこい献立・甘いものなどを削るため、ルーティンなどを改善することができます。

 

感染症
バイ菌に関する耐性が低下してしまいます。肌化膿症・肺炎・結核・水虫・膀胱炎・胆嚢炎・肝膿瘍などを併発しやすくなります。

 

グルコバイメインへ